フランス旅行記 6/10

フランス旅行記 6/10

フランス6日目は早朝からランスを観光。

 

昨日の到着が夜遅かったため、大聖堂以外も周ります。

 

まずは大聖堂と共に世界遺産に登録されているサンレミバジリコ聖堂へ。

 

 

その後はシャンパンの大手メゾンを見学。

 

これらも「シャンパーニュの丘陵、メゾンとカーヴ」という名称で世界遺産に登録されています。

 

ヴーヴ・クリコやポメリーといった大手メゾンやドゥモワゼル邸を観光。

 

ちなみに早朝で時間も無かったので中には入れませんでしたが、昼であれば中の見学ができるメゾンもあるようです。

 

 

 

 

そして昨日プロジェクションマッピングを観た大聖堂へ。

 

昨日は中には入ってないので、この日に中を見学します。

 

ステンドグラスの美しさで有名な大聖堂。特にシャガールから贈られたというシャガールブルーのステンドグラスが素晴らしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランスの観光を終えたら電車でパリへ。そしてパリモンパルナス駅のコインロッカーに荷物を預けてからシャルトルへ。

 

ここのシャルトル大聖堂も世界遺産。

 

 

 

 

 

 

ここの大聖堂も良かったですが、宗教行事があったため中に入れなかったのが残念。

 

その後再びパリに戻って荷物をピックアップしてからレンヌへ。

 

レンヌはモンサンミッシェル観光の拠点というイメージが先行しがちですが、街もなかなか見応えがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでランス、シャルトル、レンヌと3つの都市を観光した一日が終了。

 

この日も世界遺産が2ヶ所増えて、この旅の訪問世界遺産は12ヶ所となりました。

 

 

 

関連ページ

フランス旅行記 6/4、6/5
今回のフランス旅行記は1週間でできるだけ世界遺産を周る旅です。福岡から香港、香港からパリへと飛行機で飛び、さらにパリからトゥルーズへ。20時間以上の移動を終えてトゥルーズに着いたらホテルに荷物を置いてそのまま観光です。この日はあいにくの雨でしたが、急いでトゥルーズ市内を観光。
フランス旅行記 6/6
フランス二日目はトゥールーズから電車でカルカソンヌへ。進撃の巨人の舞台になったことでも有名な城塞都市で、カルカソンヌという名前のボードゲームもあります。カルカソンヌに着いたらツーリストインフォメーションに行って荷物を預かってもらえるホテルを教えてもらう。そして荷物をホテルに預けてからカルカソンヌへ。
フランス旅行記 6/7
フランス3日目午前中はプロヴァンス地方の古代遺跡を周るツアーに参加。まずはローマ水道橋が世界遺産に登録されているポンデュガールへ。
フランス旅行記 6/8
フランス4日目はオランジュに行ってからリヨンに移動する予定でしたが、なんとこの日はアルルからオランジュまでの電車がなかった・・・。前日も翌日もあるのにこの日に限ってない・・・。アルルに着いた日に行っておけばよかった。アルルの市内観光はいつでもできたので、いつでもできるものは後回しにするという旅の鉄則を忘れていました。
フランス旅行記 6/9
フランス5日目は電車でリヨンからストラスブールへ。ストラスブールはドイツの国境も近い世界遺産の街。着いたらまずはランチ。ハムのビール煮とザワークラウトが美味しい。料理もドイツ風の料理が有名です。